第24回 鸞ノ会

2016a

今回の鸞の会は私の能「松風」父の能「鞍馬天狗」そしてお狂言の山本東次郎先生に「栗焼」の演目です‼

松風ですが、私の披キ(特に習い物曲を初めて勤めさせていただく時にこの様に申します)です。熊野  松風  米の飯   と言うような言葉がありますように能の中の名曲です。世阿弥作とあるようですが、別名は松風村雨  。元の  汐汲みと言う作品に観阿弥が改作し、また世阿弥も手を加えと…      面白くならない訳は無いですよね‼内容は言わずと知れておりますが、須磨の浦を舞台として、行平と松風  村雨姉妹のあの世を越えた恋愛話。梅若家の中では先代の先生、そして現在の玄祥先生と名演が知られております曲です。この度はおツレに銕仙会所属の馬野正基さんにお願いし、地謡には玄祥先生に謡っていただき、諸先生方の胸をお借りし挑戦させていただきます。

鞍馬天狗ですが、こちらも皆様には馴染みの深い人気
曲。源氏の棟梁である牛若丸(源義経の幼名)に兵法を授け源氏復興を助ける鞍馬山、僧正が谷の大天狗のお話。牛若丸には松風同様、馬野さんのご長男。訓聡君に演じていただきます。私事ですが、曲の前半の源平両家の子供達が花見と言う子方役で数人出る場面で、私の長女も出演させていただき、初舞台を踏ませます。地謡には観世喜正先生に謡っていただきます。

 

 

2016b

 



コメントは受け付けていません。